魚沼市の食と観光総合案内サイト
うまいね そば処!うおぬま

山の伏流水を使ってうつ蕎麦は、

お店ごとにバラエティ豊かな表情を見せてくれます。


ここでは、自分にぴったりな味を探すお手伝いを

ちょっとだけしたいと思います。


2011年8月12日

よしみや ~天ざるそば・天ざるうどん~

本日は少し遠征し、

守門地区にある「よしみや」さんへお邪魔しました。

国道252号線を入広瀬方面に走っていくと、

お店の壁に下のような大きな看板がかかっています。

ど~んと目に入る

「天ざるそば」と「チャーシューメン」が美味しそうです。


入口横のショーウィンドウに目をやり、

今日は何を食べようかなと考えながら、

のれんをくぐります。



お昼の時間帯を外していったので、

お客さんはまばら。

すぐにテーブル席に座ることができました。


ご主人に

お勧めメニューをお聞きしました。



 は「天ざるそば」を注文。

豊富なメニューを眺めつつ、

「次回はどんぶりもいいなぁ」などと思っているところに、

「天ざるそば」登場。

天ざるそば 1,350円


見た目でそばの量多くないですか?

天ぷらもボリューム満点です。


そばちょこにツユを注ぎ、

わさびとネギを適度に入れて準備完了。


「いただきまーす」

蕎麦はかなり細い。

今まで紹介してきた中でも一番細いのではないだろうか。

もちろんブチッと切れることなどない。


ツユにつけて口に運ぶ。

そばが細いのでのどごし良く、

つるっと胃袋におさまる。


天ぷらも食べてみよう。


天ぷらには、ショウガと大根おろしの薬味がついているが、

そばのツユにつけて、

カボチャの天ぷらをいただく。

続いてなすの天ぷら。

とても美味しいが、

薬味を使いたいので、

後は蕎麦をたいらげてから、

いただくとしよう。


ということで、しばらくは蕎麦に専念。

のどごし良くいただくものの、

量が多いので黙々と食べ続け、

ようやくゴールが見えてきました。


ここでツユに薬味を投入。

取っておいた、

ウドの新芽、まいたけ、エビの天ぷらを一気にいただく。

天ぷらは薬味をつけていただくと、

あっさり感が際だち、

おいしさが増します。


全てたいらげ、かなり満腹。

ごちそうさまでした。


次は、どんぶりか、

ご主人イチオシの「カレー南蛮」に挑戦しようと

心に決めました。



 は、

ご主人お勧めのあったかい「よしみやうどん」にしようか、

夏限定 冷やしうどんシリーズにしようか迷ったあげく、

深雪うどんをいただける「天ざるうどん」を注文!!

「深雪うどん」がどんなものか気になります。

天ざるうどん 1,350円


「天ざるうどん」が運ばれてきました。

「天ざるそば」との違いは薬味。

そばの場合は「わさび」が付いていますが、

うどんの場合は「ショウガ」が付いています。


天ぷらの中身は「天ざるそば」と同じで、

かぼちゃ・ナス・まいたけ・うどの新芽・エビの5品です。

天ぷらの中身は季節によって異なりますので、

行った時のお楽しみ!!


ご主人のお話では、

天ぷら粉に米粉を使用しているんだそうです。

さすが魚沼・・・!!

外はカリッとしているのに、

食べてみると中はモチッとした感じがありました。

今度、家でも米粉を使って天ぷらを作ってみようと思います。

※米粉は、「うおぬま百菜花ん」などでご購入いただけます。



さっそく「深雪うどん」を食べてみることにします。

その前に「深雪うどん」をアップで写してみます。

普通うどんは太いですが、

この「深雪うどん」は、

見ての通り平たく薄いのが特徴です。


ちょこにつゆと薬味、うどんを入れ、

ツルっと一口。

薬味のショウガがいいアクセントになり、

とてもさっぱり。


うどんものど越しがよく、

どんどん食べれます。

平たく薄いという特徴が、

どんどん食べれる要因なのかもしれません。


途中で天ぷらを入れて食べ、

最後まで美味しくいただきました。

ご馳走様でした。



食べ終ったあとにメニューを眺めていると、

「あがり酒タイム 1,000円(PM5:00~PM8:00)」の文字が・・・。

気になりますね~。

内容は、

・ビールorお酒orチューハイから2杯

・おまかせ小鉢2品

です。

なるほどぉ~。

ちょこっと一杯にいいですね(*^_^*)


さらにお持ち帰り、お土産メニューも発見。

よしみやそば(須原そば)は、

「乾そば」と「生そば」が用意されているそうです。

そばのほかに、

「はっぱみそ」「鮎の甘露煮」「そば茶」「餃子」などがあるようです。


「よしみやそば(須原そば)」は、

玄関近くのお土産コーナーに用意されているので、

気になった方は是非どうぞ!!



今回お邪魔した「よしみや」のご主人は、

新潟県から日本料理「にいがたの名工」の称号を与えられた方です。

お店には称号された際の表彰状が飾られています。

※「にいがたの名工」についてはこちらをご参照ください。

  ・にいがたの名工とは

  ・にいがたの名工(新潟県卓越指導者) ※17ページ

  


料理はもちろんのこと、

地域おこしや後継者育成に取り組まれていたことが認められ、

この称号をいただけたとのことでした。

小中学校や高校などで「そば打ち教室」を行っているそうです。


店内ですが、

1階はテーブルが5席、小上がりが3席あります。

2階はお座敷が2部屋あります。

宴会など大人数でお越しいただいた際は、2階のお座敷がお勧めです。



「よしみや」さんは、

国道252号線を入広瀬方面(福島方面)に走り、

須原駅の交差点(須原)から300m程先にあります。

お店の壁にかかっている大きな看板と、

玄関前のどんぶりが目印です。


「よしみや」

住所:新潟県魚沼市須原1517-11

営業時間:10:00~21:00

定休日:火曜日

詳しいお店の情報はこちら

うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200