魚沼市の食と観光総合案内サイト
うまいね そば処!うおぬま

山の伏流水を使ってうつ蕎麦は、

お店ごとにバラエティ豊かな表情を見せてくれます。


ここでは、自分にぴったりな味を探すお手伝いを

ちょっとだけしたいと思います。


2011年6月27日

湖上レストラン鏡ヶ池 ~ごっぼうそばセット・冷やし山ごっつぉそば~

今日は入広瀬地区にある

「湖上レストラン鏡ヶ池」さんにお邪魔しました。

ここは「道の駅いりひろせ」のすぐそばにあります。

湖上レストランというだけあって、

鏡ヶ池の上に建っています。

入口付近に黄色の大きな看板「ごっぽう手打そば」。

どうやらこの「ごっぽう手打そば」が一押しメニューのようです。


とにかく中に入り、どこに座ろうか・・・。

13時近くなのに、

結構お客さんがいらっしゃいます。

とりあえず窓側の席をキープ。


メニューをチェックすると、

定食、そば、うどん、ラーメンと種類が豊富です。

「ごっぽう手打そば」はお勧めとあって、

でっかく紹介されていました。


本日のメニューが決まり注文完了。


 は「ごっぽうそばセット」を注文。

メニューによると「ごっぽう」は、山ゴボウの葉とのこと。

「ごっぽう」は初体験なので、

待ち遠しいななどと思いつつ、

メニューを眺めていると、

サービスの「きゃらぶき」の

小皿をお店の方が出してくれました。

昔ながらの濃い味付けで、白いご飯が欲しくなります。


ほどなく「ごっぽうそばセット」が運ばれてきました。

ちょうど他のお客さんの注文が出そろったところだったようで、

タイミングがグッドでした。

ごっぽうそばセット 1,200円

相棒の  が写真を撮ってくれるのをお預け状態で待って、

ようやく蕎麦にありつけました。


「ごっぽうそばセット」ぶっかけが基本だそうですが、

リポーター  は、初体験の「ごっぽうそば」の味を

確かめるべく、まずは蕎麦だけをつゆにつけて

いただいてみました。


蕎麦は、ほのかにゴボウの香りがするように思いました。

「ふのりと合体」して、つなぎになっているそうです。

そしてつゆですが、

ほのかにお酒のような香りを感じました。

あてにならない味覚なのですが、

名物の「どぶろく」がつゆに入っていたりしてなどと勝手に思いました。


さて、作法通りぶっかけにしてみます。

こちらが「ごっぽうそば」の食べ方です。


まずは、そばちょこに入れたつゆをぶっかけました。

すこし足りないので、つゆを足しました。

天かす、クルミ、ネギをトッピングし、

 が注文した「山ごっつぉそば」を参考に、

木の芽も乗っけました。


あとは豪快に蕎麦と絡めていただきました。

この食べ方は確かにいい。


箸休めに小鉢の「女神どうふ」は、

甘味があって、素材の大豆の味がとても美味しい。


最後に残ったつゆで、そば湯をいただきました。

そば湯は、魔法瓶に入っており、

セルフサービスでいただきました。


蕎麦の量もボリュームがあり、満腹になりました。

ごちそうさまでした。



 は、「冷やし山ごっつぉそば」を注文。

こちらのメニューは夏期限定メニューです。

「ごっつぉ」と言われて、何?と思う人もいるのでは・・・。

ここで方言講座!!

「ごっつぉ」=「ご馳走」とか「ありがたい」

と言う意味です。

冷やし山ごっつぉそば 1,000円

(※夏期限定)


程なくしてお蕎麦が運ばれてきました。

見てビックリ。

蕎麦が見えないほど、山菜がどっさりトッピング。

何が入っているんだろうとチェック。

木の芽、こごめ(こごみ)、うるい、わらび、ふきのとう、

ふき、山たけのこ、こんにゃく、人参、女神どうふ

など全部で10種類もありました。

山ごっつぉとは、

地元で採れた山菜が、たっぷり入っていると言う意味だったんですね。

さすが「山菜共和国」の入広瀬地区だけあります。


山菜の中でも  は、「木の芽」が大好きです。

早速、木の芽を一口。

とても柔らかくて美味しいです。

山菜には味が付いていないので、

つゆと絡めてから食べるのがお勧めです。

こんなにたっぷりの山菜が味わえるなんて、

山菜好きにはたまらない一品ですね。


山菜を楽しんだところで、

全てを絡めていただきます。

ふと、どんぶりの左上に目をやると、

こんにゃくと思いきや、

氷が3つ入っていました。

冷やしそばを最後まで冷たくいただけるようにと工夫されています。

確かに最後まで冷たいまま美味しくいただけましたが、

氷が溶けてつゆが薄まってしまい、

つゆをつけ足したかった  です。


蕎麦は、少し固めで歯ごたえがあります。

「山ごっつぉそば」は、

ごっぽう手打そばではありませんので、

注文される場合はご注意ください。


暑い日だったので冷たいお蕎麦で癒されました。

ご馳走様でした。


今回は夏期限定メニューの「冷やし山ごっつぉそば」をいただきましたが、

温かい「山ごっつぉそば」もあります。

秋になるとトッピングが「山菜」から「きのこ」に変わるそうです。

こちらも魅力的ですね・・・。



店内はこんな感じです。

テーブル席が6席、丸テーブルが2席です。


店内からは鏡ヶ池を一望できます。

晴れた日は、

鏡ヶ池の水の色と周りの木々が

とても美しく見えます。


店内の壁にふと目をやると、

「ごっぽう手打そば食べ放題」の文字が・・・。

昨シーズンの最高は8人前だそうです。

興味のある方は、ぜひチャレンジしてみてください。


外に出るとお店の脇に、

「ぬか釜工房」がありました。


ここで何をするんだろうと思い、

お店の人に聞いたところ、

ここで提供する「おにぎり」のごはんを炊くんだそうです。


ぬか釜で炊いたご飯は、

ムラなく炊き上がるため、甘味と旨味が評判だそうです。

ぜひ、こちらに訪れた際は蕎麦のほかに、

魚沼産コシヒカリの「おにぎり」も食べてみてください。



「湖上レストラン鏡ヶ池」

住  所:新潟県魚沼市大栃山342

営業時間:10:00~16:00

定 休 日 :無休 (※11月中旬~4月中旬まで冬季閉鎖)

詳しいお店の情報はこちら

うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200