魚沼市の食と観光総合案内サイト
魚沼らんらんランチ

「うまい」「お得」「がっつり」「セット」
そんなワードが大好きな取材陣がグルメレポーターとなって
魚沼市内をぐるっと回って美味しいものを見つけてきます。

ランチにディナー、女子会に出前、お持ち帰りや
ときにはお土産にも使えちゃう
おいしい情報をお伝えしていきます。

2011年6月16日

山菜と摘み草料理が存分に味わえる「いろり・じねん」さんでらんらんランチ

先日紹介しました「魚沼の春の恵み 山菜キャンペーン」ののぼりのあるお店

「いろり じねん」さんにお邪魔してきました。


こちらのお店は、その日ごとの摘み草料理で、

山の恵みを感じさせてくれるお店です。


いかに旬のものを提供できるか?

ご主人が毎朝山から採ってきた摘み草料理を存分に味わえます。


場所は、シルバーラインへの入口を越えて1~2分。

黄色い看板が目印です。

もちろん、山菜キャンペーンののぼりも出ています。


車で坂道を少しのぼると、右手にお店のパーキング。

車を止め、入口に向かうと民家を使った何とも良い雰囲気。



のれんを潜ると、玄関になっています。

靴を脱いで廊下を進むとお部屋があります。

部屋は、いろりがある座敷の他、テラスなどもあり、

広々です。


メニューはこちらです。

おそば、うどんもあります。


今回は自宅で食べられない山菜料理をいただきたいと思います。

定食を3人別々に、お任せでお願いしました。



まずは、お通しの「摘み草サラダ」

今日採ったものを味わいます。

ドレッシングのベースはレモンでしょうか、

すごく良い香りです。

お腹がとってもさっぱりします。


内容も初めて食べるものも多いです。


気分まで、さっぱりしたところで、ふとベランダ部分を見ると、

双眼鏡、望遠鏡が複数あり、ご自由にお使いくださいとのこと。


こちらから見える山々の景色は、次の通りのようです。


待ってる間、外の景色は田園風景。

とってものんびり、ゆったりと時間が過ごせますね。


さて、本日の定食が登場です。


ほお葉定食 1,000円

ご飯は日替わりとのこと。

今日は、長岡の豆?を使った炊き込みご飯です。

ボリュームがありますね~。


定食のご飯の代わりに、

ざるそばか、ざるうどんに200円増しでできるようです。


味噌汁も、麩をはじめ、わらびなどなど種類も豊富。


小鉢も、とっても豊富。

山菜はよく食べますが、ふきの煮物。木の芽のおひたし。わらびのごま和えなど、

種類も、味付けも普段とは少し趣向が違います。


主役は、このほお葉。

こうばしいほお葉味噌がとっても魅力です。

これだけでも、おなかがいっぱいになりそうです。


ほおば焼きも種類が豊富、

正確には、いったい何種類入ってるんでしょうか? (^o^)

にじますと手作りこんにゃくの刺身定食 1,000円


メインは、にじますのお刺身と手作りこんにゃくです。

こんにゃくは、からし味噌でさっぱりと。

付け合せも、わらびをはじめ数種類。


ニジマスのお刺身は、脂がのっていてまろやかな味です。

でも脂がしつこくなく、とてもさっぱりしています。


こんにゃくは手作りなので

市販のものと違い、舌触りがざらざらしていて

逆に食べ応えがあっておいしかったです。


付け合わせの山菜(わらび)も

さっぱりとした味付けになっていました。


摘み草と山菜のてんぷら定食 1,000円



メインの山菜のてんぷらは、次の通り、すごいです。

この品目の多さ・・・、びっくりです。

必至で説明をメモ書きします。

わかさぎ、藤、アンニンゴ、コシ油、山人参、うるい、タラの芽、ウドだった

と思います。

一品一品味わいます。


これでもかという位の山菜。

ある意味、感動しちゃいました。


普段、自宅では食べられない山菜も食べられ、

非常に気持ちも、お腹も満腹です。


最後に、食後のデザートに「くずもち」まで、

サービスでついていました。

弾力があり、とってもおいしかったです )^o^(





こちらのお店。

食材は旬のものを使っていますので、

同じ食材をまた食べたいと思って、

来店されても食べられない事もあります。

あくまで旬が命です。


さて、「いろり じねん」さんの情報は、

こちらを参考にしてください。


うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200