魚沼市の食と観光総合案内サイト
うんめぇ魚沼の逸品

魚沼はおいしい食べ物がたくさん!

食品を作っている工場も多いのです。

工場に潜入し、そのうまさの秘密を探ってきます。

教えてもらうまでは帰りません。


私が気になる商品をご紹介します。

実際に試食もしちゃいます。

恥ずかしがり屋の魚沼人ですので登場することはないと思いますが、工場見学も試食も記事に偽りはありません!

機嫌がよければ登場するかも?!

2011年7月1日

ボリューム満点、おいしいソーセージ ~山菜ソーセージ~

餃子のようなおいしいソーセージ

山菜ソーセージ




160~170g

3本入り

400円



普段目にするものと比べて大きい!

では、いただきまーす。

一口かじると、パリッという音がして

肉汁がじゅわ~っと出てきてとってもジューシーです。


ガツンとにんにくの香りがして、

まさに餃子!!!

う~ん ビールが欲しくなっちゃいます。


山菜ソーセージで使われている山菜は

うぇる米で紹介しているような

ぜんまい・わらび・ふきのとう

などとはちょっと違います。


中には、行者にんにく・にら・竹の子・きくらげが入っていて

この「行者(ぎょうじゃ)にんにく」が山菜なのです。

見た目はニラのような葉で、それを細かく刻んで具に入れているので

食べた時に、にんにくの香りが口の中に広がるのです。


しっかりと味がついていて、男性好みな味付けだと思います。

今晩のお父さんのおつまみにどうぞ。

ただ焼いただけでも、具がたっぷり入っていて

食べ応えがあります。

竹の子やきくらげの食感がとてもいいです。


女性にはさっぱりとした味付けの

「しそソーセージ」もおススメです。



125g 5本入り 400円


辛いもの好きの方には

「チョリソー」がおススメ。



125g 5本入り 400円


山菜ソーセージを作っているのは

魚沼市井口新田にある

きんちゃんのハム工房」です。



こちらのお店でソーセージ、ハムを手作りしています。


お歳暮などの贈答用として人気が高く、

通販での販売が多いとのことです。


ですが、ご安心ください。

魚沼市でも購入できます!!!

Aコープ湯之谷、道の駅ゆのたに、道の駅いりひろせでも購入できます。

もちろん、きんちゃんのハム工房でも店頭販売をしています。

魚沼へ遊びに来た際には、お土産にどうぞ。


飲食店では、魚野川(ドライブイン)、友家ホテル、お座敷ケンちゃんで食べられます。

お昼ごはんに食べたいなら魚野川、

宿泊した先で食べたいなら友家ホテル、

お酒のおつまみに食べたいならお座敷ケンちゃんへどうぞ。



代表の米山均(ひとし)さんは

魚沼で生まれ

千葉県のハム・ソーセージ屋さんで修業後

独学で開業。



始めの商品は

あらびき・チョリソー・しそ入りソーセージ・ロースハム・ショルダーハム・ベーコンでした。


それだけでも豊富な種類だと思いますが、

イベントに出店する為に、

何かインパクトのある商品を作りたい!

ということで山菜ソーセージを開発しました。

その後人気が出て、今ではきんちゃんハム工房の看板商品へとなりました。


では、ソーセージ作りの工程についてお見せします。


まず、100kgの豚肉のかたまりを仕入れます。

多い時では300kgも仕入れます。


下味をつける為に、1日~2日塩漬けにします。


豚肉のかたまりから、ひき肉にします。



ひき肉にしたものと、山菜ソーセージの具を

スパイスを入れながら混ぜ合わせます。




ソーセージの具を機械に入れて




皮に詰めていきます。



この機械が優れもので、設定すると

中身のグラム数を一定にできるのです!


機械が入る以前は、この作業を全て手作業で行っていたので

とても大変だったそうです。


形になったソーセージは吊るされて

2時間程度スモーク室に入ります。




冷ましたソーセージを手作業で包装します。


全て手作業で、手作りにこだわって

家族4人で一生懸命作っている庶民の味です。


最近では、息子さんが

東京の新宿に「きんちゃん酒場」というお店をオープンしたそうです。

そちらではもちろん

きんちゃんのソーセージとハムが味わえます。



きんちゃんのハム工房は

魚沼市内イベントにも出店しているそうなので

見かけた際にはぜひ食べてみてください。

時々、「道の駅ゆのたに」でも対面販売を行っています。


味わうだけのおいしさじゃもったいない!

自分で作ってみたい!

という方には、ソーセージ・ハムの手作り体験も行っています。


お一人様3,000円からで、

出来上がりの製品は約1kgお持ち帰りできます。


季節によって一日の体験者数が限られていますので

一週間ほど前にご予約をお願いします。

詳しくは、きんちゃんのハム工房ホームページ


きっと自分で作ったものは、一段とおいしさが増しますよ!



きんちゃんのハム工房

TEL・FAX 025-792-9702

お客様との距離を縮めて販売することを大切にしているので

ホームページからの購入はできません。

ご注文はTEL又はFAXでお願いします。

手作り体験のご予約もこちらへご連絡ください。



うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200