魚沼市の食と観光総合案内サイト
うまいね そば処!うおぬま

山の伏流水を使ってうつ蕎麦は、

お店ごとにバラエティ豊かな表情を見せてくれます。


ここでは、自分にぴったりな味を探すお手伝いを

ちょっとだけしたいと思います。


2011年5月4日

平石亭(ひらいしてい)
~鬼面そば・春のぶっかけそば・源流ざるそば~


今日は入広瀬地区の大白川駅の中にある

「平石亭」さんにお邪魔しました。


場所は、JR大白川駅の2階。



正直、まだ車もまばらかと思っていたのに、

駐車場はほぼ満車 !!

県外ナンバーもちらほら。


正直、行ってびっくりしました。


現在、まだ福島県へ通じるルート「六十里超(ろくじゅうりごえ)」は、

まだ冬季閉鎖中。


ということは、通常現地に辿り着くためには、

JR只見線で向かうか、バス、車で行くことが多いわけです。





今日は4人でお邪魔しました。

席が空いているか、非常に心配ではありましたが、

大丈夫でした。


入ってみると、木の机と椅子、良い雰囲気です。


奥に小上がりもあるので、

ある程度の団体さんもOKだと思われます。



早速、メニューを確認。

こちら、平石亭さんは、どぶろくも製造されているんですね。




今日から取材参加の新メンバー  と、は、

鬼面そば(ざる・天ぷら・小鉢)を注文。

ザルソバ、天ぷら及び小鉢のセット品です。


鬼面そば(ざる・天ぷら・小鉢) 1,200円


各々が上品に盛り付けてあります。

ツユは甘からず、しょっぱからず、且つまろやかでして

ツユとしては理想的です。


ソバ表面は、いかにも手打ち・手切りという雰囲気で、

そこに先ほどのツユがよく絡みます。


ソバには透明感があって、のどごしもよろしく、

また噛むとモッチリとした存在感があります。

天ぷらは、春の山菜づくしです。


地の物にこだわり、エビやキスなどの動物性タンパクに

頼らない姿勢は、なかなか潔いと思います。

サクサクと歯ごたえ良く、ソバに良く合います。

小鉢はウドの味噌和え、及びゼンマイ等の和え物です。

別メニューで「どぶろくセット」なるものがありますが、

確かにこの小鉢で名物のどぶろくを飲みたいという感じです。

(車なので遠慮しました)

以上、山菜共和国らしく、野趣あふれるソバでした。

男性は「大盛り」を注文された方がよろしいかと
思います。




次には、「春のぶっかけそば」を注文。



春のぶっかけそば 1,000円



春のぶっかけそばとは、

山菜などがたっぷり載っているおそばです。


山菜、こごみ、うるいなど品数も豊富。

汁をかけ、混ぜて食べるのが良い感じ・・・。


お汁がすごくなめらかなのが、印象的。


普段のざるそばとは、趣向も変わって大満足でした。

ちなみに、大盛りを選択。

大盛りで+100円だったかと思います。






は、源流ざるそばと天ぷら盛合せをchoice。

源流ざるそば 600円


そばだけでなく、春の山菜に惹かれました。

頼んで正解。

天ぷら盛合せ  400円


歯ごたえのあるウド、こし油、こごみ、ふきのとう他でした。

ボリュームがあります。


隣りのお客さんが「生ビール」を注文していました。

非常においしそうですが、今日は運転手のため止めました。

次回は、是非「鬼面そば・どぶろくセット」に

手を伸ばしたい一行でした。


ちなみに、こちらの平石亭さん。

大白川駅の2階にあるため、

新緑や紅葉を眺めながら、おそばをいただくことができます。

只見線の旅の途中に、足を止めるのも良い方法 !!


当地には「山菜ごっつぉ」をメインにしている

民宿などが非常に多いです。

春の山菜、秋のきのこなど、

普段食べられない山菜にきっと出会えると思います。


「平石亭」

住  所 : 魚沼市大白川 JR大白川駅2階 

営業時間 : 11:00~15:00  ※そばが無くなり次第閉店

定休日  : 月~金 (祝日は営業)、12月~4月末まで冬季閉鎖 

平石亭の詳しい情報はこちら




うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200