魚沼市の食と観光総合案内サイト
山菜☆キラキラ

魚沼と言えば、コシヒカリが有名ですが、

実は野菜や山菜、きのこの産地としても有名です。

このコーナーでは山菜に注目して

魚沼の地で採れ「食せる」・「買える」山菜について

順次ご紹介しますね。


2010年12月6日

うおぬまは、山菜の宝庫です

魚沼市を代表とする特産物といえば、

やはり魚沼産コシヒカリです。


魚沼産コシヒカリは、

豪雪地帯である魚沼の清らかな雪解け水や、

昼夜の温度差があることなどの恩恵から、

非常においしいお米だと評価いただいています。


他にも豊かな自然環境の恩恵を受け、

魚沼は山菜の宝庫でもあります。

豊富な山菜が特産物にもなっています。


一例を挙げれば、

湯之谷地区は越後駒ヶ岳、中ノ岳、平ケ岳などの

自然豊かな山々からの雪解け水などのおかげもあり、

山菜も種類も量も豊富です。


また、入広瀬地区においても「山菜共和国」と言われるほど、

豊富な山菜の宝庫となっています。



それ以外の地域においても、

旅館・ホテル等でも様々な山菜を食することができます。



一般的に、東北地方は山菜の宝庫と呼ばれていますが、

新潟県、なかでも魚沼の山菜は、うまいとされています。

なんで魚沼の山菜はおいしいのか?


魚沼市の積雪量は平地で約2m、山地で3mを超えます。

この豪雪がおいしい山菜を育てる、と言われています。

 

 

春先に芽を出す山菜は、低温にさらされると凍ってしまうため、

雪の下で寒気にあたることなくゆっくり春を待つから、おいしい。とか、

遅い雪消えを待ち、気温が上昇してから一斉に芽を出し、

ゆっくり時間をかけ、雪解け水のミネラル分をたっぷり吸い込んで、

生長するから、おいしい。 とも、言われています。

 

 

魚沼を代表する山菜である、

ぜんまい、わらび、こごめ、木の芽、うど、などの

調理方法のほか、旬の山菜ごっつぉが食べられるお店も

紹介していきます。


うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200