魚沼市の食と観光総合案内サイト
いい湯だな ~魚沼温泉紀行~

旅の疲れを癒すのは、なんと言っても

温泉


魚沼のおいしい空気、豊かな自然、そして新鮮な食べ物。

魚沼を堪能した締めくくりにゆっくり温泉につかってみては。

地元の人たちも通う日帰り温泉から、大湯温泉をはじめとした温泉地。


魚沼の温泉をレポートします。

2011年3月11日

【日帰り温泉】 ゆ~パーク薬師

いい湯だな~ 魚沼温泉紀行。

「ゆーパーク薬師」にやってきました。

ここは、日帰り温泉で、

奥只見・銀山のルート上にあることから、

尾瀬ハイキング等の帰りの立ち寄りに便利なんです。



玄関を入ると自動ドアにレストランの案内が。

ここのおすすめは、手打ち蕎麦だそうです。



そして、ソフト整体の案内も。

お風呂に入って、食事して、リラックスして。

男性も女性も楽しめる施設なんですな。



そして、受付にて。

入館料は、

大人は、600円。

子供(3歳~小学生以下)が400円。

今日は大人2人なので、1200円をお支払いです。



受付を通って、2階にあがって、

さあ、お風呂。

男湯ののれん・・・。




浴室は、「薬師」と「慈眼寺」の2つ。

偶数日と奇数日で男女入れ替わります。

今日は奇数日なので「慈眼寺」に入浴でーす。




と、いうことで今日の入浴者は・・・。

お決まりのバックショットです。

「慈眼寺」には露天風呂があります。

あーーーっ 最高!




ボタンを押すと上からお湯が出る「打たせ湯」も。

これには、肩、背中がちょー気持ちいい。



ここの泉質は、

弱アルカリ性低張性温泉。

効能は、

疲労回復、健康増進、病後回復等。



ドライサウナもあります。

汗かいて、水風呂へ。

水風呂からサウナへ。

ダイエットも期待できるかな?



温まったところで、館内のご案内。

ここはコミックコーナーです。

2階には、お風呂とソフト整体等のリラックスコーナーがあります。

ご家族で来ても、このコミックコーナーで、

時間を持て余すことなく、相手方を待っていられます。



1階には、大広間。

レストランのメニューを大広間でも食べることができます。



レストランのおすすめは、

ご主人自ら打つ蕎麦だそうです。

残念ながら、今日は時間がないので食べられません。

今度、こちらのそばも取材に来まーす。

ちなみに、お風呂に入らなくてお食事のみの方もOKです。



そして、売店にはお土産と並んで野菜が。

時期になると

ゆーパークの裏の畑で毎朝収穫する

朝採り野菜が並ぶそうです。

ほかに、地元農家さんの野菜も安値で

販売されるんだとか。



今日は、そば粉のほかに地元の「くるみ」がありました。



今回の「ゆ~パーク薬師」は、薬師スキー場隣接です。

また、トレーニング施設やテニスコートも併設しています。

汗をかいた後、

ゆっくりお湯につかって、

リラックスするのもいいですね。


☆「ゆ~パーク薬師」

住所:新潟県魚沼市七日市新田643-1 

電話番号:025-792-5554 

定休日:毎週水曜日(祝日の場合は翌日)   

※内容は取材当時のものです。

 料金など詳しくはショップナビをご覧ください→「ゆ~パーク薬師」

うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200