魚沼市の食と観光総合案内サイト
いい湯だな ~魚沼温泉紀行~

旅の疲れを癒すのは、なんと言っても

温泉


魚沼のおいしい空気、豊かな自然、そして新鮮な食べ物。

魚沼を堪能した締めくくりにゆっくり温泉につかってみては。

地元の人たちも通う日帰り温泉から、大湯温泉をはじめとした温泉地。


魚沼の温泉をレポートします。

2012年1月31日

【日帰り・宿泊温泉施設】 神湯温泉倶楽部

いい湯だな~ 魚沼温泉紀行。
今回は「神湯温泉倶楽部」にやってきました。



※取材日当日は大雪でした。

神湯温泉倶楽部さんは旧広神地域に位置し付近には自然が多く、

「かたくりの花園」「権現堂登山の出発点」としても有名な温泉施設!




玄関を入るとご利用案内が。


宿泊もできる素晴らしい設備を備えた施設ですが、

今回は日帰り温泉(大人 中学生以上600円、小人3~小学生400円)を利用します。


ロビーの様子です。




ロビーから眺める魚沼の豪雪


広い館内を歩いていますと、



整体もあるようです。

最近趣味のサッカー中に激しい腰の痛みに襲われたのを思い出し、

真剣に整体を受けようか躊躇いたしました。





さあ早速入ってみましょう。

入り口ドアに貼ってあるお知らせ。

温泉ソムリエ曰く「美肌の湯」だそうです。

最近肌の露出の多い筆者にピッタリかも知れません!?






中の様子です。第一印象として

広い!清潔!





開店前に入れてもらったため、まるで貸切のようです。



もちろんサウナもあります。




まずは露天風呂です。

逆光がきつくて雪を背景に取れなかったのが残念!

取材日は大雪極寒だったので本当体が溶けるようでした。。。




その後室内に戻り・・・




ジャグジーも完備されていて、温泉を満喫できます。


温泉を満喫し、外へ出ると何やらおいしそうな匂いが・・・




本日のお勧めメニュー


筆者はカキが大好き。。。



魚沼名物といえば


小説家 開高健(かいこう たけし)氏がこよなく愛した山菜チャーハン

それが「開高めし」

その他にも多彩なメニューが!!


どれも誠においしそうなのですが・・・

残念ながら、今日は時間がないので食べられません。




その後広い館内を歩いていると、

このように小さなお子さん連れの方にも楽しんでいただけるような配慮が。。。



行き届いたホスピタリティ(おもてなしの心)が

この神湯温泉を支えているんだなあと感じました。

忙しい中ありがとうございました!


今回は冬の取材でしたが、夏は隣接地にオートキャンプ場もあり、

1年中楽しめる施設となっています。



冒頭にもお知らせしましたが、

今回は日帰り温泉の紹介だけでしたが、宿泊も可能となっています。

おもてなしの温泉、神湯温泉倶楽部の位置など詳しい情報はこちらまで!


☆「神湯温泉倶楽部」

住所:新潟県魚沼市清本583   

電話番号:025-799-3350 (予約専用ダイヤル 025-799-3831)    

定休日:不定休 詳しくはお問合せいただくか、ホームページhttp://www.kamiyuonsen.com/をご覧ください。    

※内容は取材当時のものです。

 料金など詳しくはショップナビをご覧ください→「神湯温泉倶楽部」


うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200