魚沼市の食と観光総合案内サイト
うんめぇ魚沼の逸品

魚沼はおいしい食べ物がたくさん!

食品を作っている工場も多いのです。

工場に潜入し、そのうまさの秘密を探ってきます。

教えてもらうまでは帰りません。


私が気になる商品をご紹介します。

実際に試食もしちゃいます。

恥ずかしがり屋の魚沼人ですので登場することはないと思いますが、工場見学も試食も記事に偽りはありません!

機嫌がよければ登場するかも?!

2013年3月8日

魚沼の水を使ったこだわりのラーメン生地 ~共同麺業の麺~

魚沼のおいしい水を使ったラーメンの生地。

地元の学校給食にも使用されています。

共同麺業の麺



共同麺業さんは、魚沼地域の様々なラーメン店に麺を提供していて、魚沼市では「ちんちん亭」さんで食べられます。


その味をそのままご家庭で味わえる商品がこちら!



ちんちん亭のラーメン

(賞味期限10日)


スープはお店のレシピをそのまま再現したものです。

とてもあっさりとしていて、それでいてコクがあります。

少しコショウをふってみたらコクが増してまた味に深みが出ましたよ。


お店の味をお手頃な値段で味わえるので、とても得した気分です。

10個から配送も可能ですので、気になった方はぜひお電話で注文してみて下さい。


それでは、生地作りの工程を見学してみましょう。


まずは小麦粉と水を混ぜて生地を練っていきます。

この小麦粉も、その店によって色々な種類のものを混ぜ合わせ、独自の生地をつくります。

水は魚沼の水を使用しています。

なんといってもこの「水」が味の決め手で、魚沼の水を使わなければ共同麺業さんの麺の味はできません。



混ぜた生地を延ばしながらロール状に巻いていきます。



延ばした生地を3段階に分けて圧をかけ、ちょうどよい厚さにしていきます。



この圧のかけかたによって、細い麺~太い麺まで幅広く対応できます。

その後は、ウェーブをつけて1本1本カットされて出てきます。



この長い麺がちょうどよい重さになるようにセットすると、自動的にカットして麺がまとまり、送られてきます。



ラーメン店などそのまますぐに使うところ以外は、乾燥させないように袋詰めし、1日寝かせます。




共同麺業さんは、新潟県学校給食指定麺工場です。

地元の子どもたちは、共同麺業さんの麺を食べて育っていきます。

子どもの頃の味が忘れられず、地元を離れた方からの注文もあるそうです。


今回工場をご案内いただいた宮島邦夫会長です。

麺一筋60年、麺のことなら何でも知っている方です。



新潟県生麺工業協同組合に加盟し、組合の企画する各種麺類を製造できます。

柿渋を使ってコシを出す「柿ポリフェノール麺」なども作っています。



共同麺業さんが作っている麺は、魚沼市内の一部スーパーで購入できます。

お電話をいただければ工場でも購入可能です。

遠方の方には10袋から配送を行っています。

魚沼の人気ラーメン店の麺や、柿ポリフェノールの入った麺のセットでお土産にいかがでしょうか。


      ちんちん亭のラーメン10個・・・1,800円

      柿ラーメン(柿ポリフェノール入)10個・・・2,000円

      セット10個入り・・・1,900円

       ※各種送料別、金額は工場直売価格となります。


共同麺業 合資会社

 TEL 025-792-2068

 FAX 025-792-5573


うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200