魚沼市の食と観光総合案内サイト
魚沼の飲み処-うんめ~が食いに行こうそ!-

この度はよくぞお立ち寄り下さいました。
「お食事ナビゲーター」がお役立ち情報を教えちゃいます。


これから魚沼市へ来られる予定がある方や、

行ってみたいとお考えの方が

食の街で何も美味しいものや名物の料理を食べずに帰ったり、

何処へ行ったらいいか分らないなんてことがないように

魚沼の飲み処をご紹介します。


ただし、

あくまでもナビゲーターの独断と好み優先で

いかせてもらいます。

2012年7月18日

いざかや一献

こんばんは、
魚沼の美味しい夜のお店を紹介するお食事ナビゲータのです。
今夜もKがおすすめする美味しい料理のお店を紹介します。
 

今夜は、「いざかや一献」さんです。
小出警察署の脇道を入り少し進んだ右手側に見えてきました。
中に入った若干分かり難い場所にありますが、脇道に入る交差点には電飾看板の目印があります。



一献さんのご店主は関西の方です。お店の雰囲気もお料理も魚沼には無い雰囲気を感じさせてくれます。心を踊らせながら玄関を開けました。




高い天井に純和風造り玄関からご店主のこだわりが伝わってきます。
こちらのお店は外からの引き戸を進み、玄関で靴を脱ぎ、更に内の引き戸を開けてお店に入ります。




お店の中に入ると落ち着いた店内の造りの中に映える華やかな彩りと飾り込み。
魚沼を感じさせない関西の薫りがしませんか?

奥の小上がりにお邪魔して早速、生ビールをオーダーしました。
小上がりのテーブルはかなり大きめですので、ゆったりとくつろぎながらお料理を楽しむことが出来ます。

さて、お通しの準備が始まりました。



まず運ばれてきたのは良い感じで焼かれた炭が入ったしちりんです。
続いて運ばれてきたのはこちらです。



皿の上に乗せられたこんにゃく、ししとうにコマイ。
一献さんのお通しは「炭火焼」なのです。



このお通しはちょっと驚きでした。
一手間をかけたご主人のおもてなしに感動です。
年季の入ったしちりんの柔らかく優しい温もりのある炭火を見ていると心が癒される感じがします。
そして早くこの炭で焼いて食べたい、食欲を満たしたい、そんな気持ちが湧いてきました。


我慢できなくなったので早速焼き始めます。




焼けた炭の匂いに期待が募り、炭火でゆっくりと炙られた食材の香りが食欲を刺激して堪らない気持ちになります。
炭火で焼くことは食材を生かし更に美味しくなる調理法と言えるでしょう。甘塩っぱい下味がつけてあるこんにゃくや、ししとうとコマイは炭火で焼かれて素材の味を引き出され、お通しの域を軽く超えた珠玉の味わいを醸しています。
お通しでこれが食べられるのは正直嬉しいです。

でもこのまましちりんをお返しするのは勿体ないですよね。
大丈夫です、お通し以外にも焼きネタはメニューにあります。
お好みの食材を選んで遠慮無く思いのまま炭火焼を堪能してください。

Kは、迷うことなく「和牛カルビ」をオーダーしました。



どうでしょう?食欲をそそる肉の美しさ。
肉好き脂好きには堪らないですね。



お好みで塩コショウ、特製の付けタレで食べてください。
Kは両方とも楽しみます。

さあ、早速焼きはじめましょう。



炭で焼かれた和牛から立ち昇る香ばしい匂いと、半透明の身からジワッと滲み出る脂の輝き、目から鼻から食感を刺激されて口の中はヨダレでいっぱいになってしまいます。
食べた時の悦びは言葉にならない感動です。ひとこと美味いで十分でしょう。
炭で焼かれたお肉は本当に美味しいですよね。
余分な脂が落ちてベチャベチャとせずに美味さのみが凝縮するからこの味になるんですね。


付け合せの野菜も美味しく食べてください。
まさに炭火マジック。
正直、これで充分満足してしまったのですが、
このままでは一献さんのお料理が全く分からないと言われてしまいそうなので、
改めてメニューからオーダーをしました。


まず初めは「一献セット」です。



写真を見てお解りのようにお刺身、煮物、焼き物のお任せ3種セットです。
これが結構いいんですよ。その時の旬の食材はもちろん、晩酌の手頃なおつまみにも
最適で、焼きもお刺身も煮物系もちょっとずつ味わえるところは気が利いています。
一人前ずつお願いするとそれだけで終わってしまう量が出てきますよね。
最初にこの一献セットをオーダーするのはいかがでしょう。間違い無くオススメです。

ちなみに今回のセットはお刺身がタコ・マグロ・シメサバ・ブリです。
焼きはブリの梅肉掛け、砂肝・鶏ももの串焼き、
煮は里芋のしらが煮でした。


続いてオーダーしたお料理は「海苔わさ穴子!」
きましたKの超おすすめ!!
一献さんに来た際には必ずオーダーして欲しいKオススメの一品です。



何が凄いかというと、開店以来絶やすことなく使い続けた旨味が濃縮されたタレで
煮込んだ穴子を炙ってふんわりと仕上げたところです。

通常汁気というか煮ダレが残り塩気も強く生臭みが残ったりする場合がありますが、
炙って余分な水分を飛ばしタレを落としているから穴子の柔らかな触感と風味、そして濃厚で味わい深い上品な旨味を味わうことができます。
本当に柔らかくてフワフワです。

更にワサビを適量乗せて海苔に巻いて食べてみてください。



フワフワで香ばしい穴子にワサビと海苔、口の中へ運んだ瞬間に溢れる笑顔、
まさに三位一体の味わいを体感。穴子好きでなくても是非この三位一体を体感して欲しいです。鼻から抜けるワサビと海苔の香りが実に小気味いい。

ああ、感動の余韻に浸りつつ、次のお料理へ行きたいと思います。
続いては「里芋のふくめ揚げ」です。

またまたやって来ました、本日二度目のKのオススメ!
こちらも今までに食べたことがない感動と驚きを頂きました。



簡単に説明すると里芋のフライドポテトです。
が、しかし、全く比べ物にならない美味しさ、そして手間の掛かり様に感動しました。
お塩に付けて一口食べた時の驚き、フライドポテトをイメージしながら食べたので尚更かもしれませんが、表面はサックリとして中身にパサつきは一切無く蕩けながら喉に流れ込む快感、しっかりとダシを吸った里芋の美味しさは正直言葉になりませんでした。

ご店主に聴いたところ、米ぬかと酢で下茹でした里芋を、アゴ・煮干し・鰹だしでじっくりと炊き上げ美味しい出汁をしっかりと里芋に吸わせた関西風の技法だそうです。
正直、病み付きになる一手間を掛けた上品で美味しいおすすめの逸品でした。

ただし、里芋が食べられる秋から春にかけての季節限定料理なのでご注意を。


さて、ちょっと箸休めに甘いアルコールをお願いしましょうか。
ピナコラーダアイスティー」。



ココナッツリキュールにミルクをホイップしたものをアイスティーで割った甘くて冷たいアルコールです。
いいですよね、普段食べたことがないものや飲んだことがないものを試してみるのも食べ歩きの醍醐味ですよね。


さて、味濃い目のこってりとした料理が食べたくなりました。
メニューから選んだその料理は「鳥から味からめ」です。



見た目的に味が濃くて濃厚そうなお料理はKの期待を裏切りませんでした。
衣少なめでプリプリの鳥肉の唐揚げを甘辛のタレに絡めてネギとゴマがかけてあります。
超アツアツでジューシー、お酒のツマミにピッタリ。
それにご飯が欲しくなります。多分メチャメチャ美味いに決まってます。
本当を言うとご飯をもらって乗せて食べたかったですが、締めのオーダーはかに雑炊と決めていたので次の機会にすることにしました。

という訳なので「一献かに雑炊」をオーダー。



かにがたっぷり入って生姜の聞いた優しい味の雑炊です。
三つ葉の香りが食欲を煽ります。
色々と食べてお腹もかなり満たされましたが、
このかに雑炊なら余裕で食べることができます。
優しい味わいの一献かに雑炊は締めの一品に最適でした。

ありがとうございました、今日も満足、素晴らしい食の出遭いに感謝です。

一献さんのご店主は関西出身なので特にダシにはこだわり、力を入れてるそうです。
汁物、椀物系は自信があり、揚げ出し豆腐などは女性に大人気だということでした。
すべてのお料理に一手間を掛けたおもてなしの心に感動しました。

他にもチキンカレー、台湾ラーメンはご店主こだわりのメニューなので興味がある方は是非オーダーしてください。
Kもチキンカレーを食べましたが後引く辛さ美味さです。



さて、本日のオーダーですが以下のとおりです。

お通し (炭火焼)・・・・・400円
和牛カルビ・・・・・・・・980円
一献セット・・・・・・・・980円
海苔わさ穴子・・・・・・・650円
里芋のふくめ揚げ・・・・・600円
ピナコラーダアイスティー・500円
鳥から味からめ・・・・・・600円
一献かに雑炊・・・・・・・600円
他、生ビール・・・・・・・適量



一献さんのご店主をご紹介いたします。



豊田泰史さんです。
気さくなご店主で料理の説明も親切にお話頂きましてありがとうございました。



「いざかや一献」
魚沼市井口新田221
TEL:025-793-2150
営業時間:17:00~23:00(日曜、祝日、~22:00)
定休日:日曜日


詳しいお店の情報はこちら

うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200