魚沼市の食と観光総合案内サイト
山菜☆キラキラ

魚沼と言えば、コシヒカリが有名ですが、

実は野菜や山菜、きのこの産地としても有名です。

このコーナーでは山菜に注目して

魚沼の地で採れ「食せる」・「買える」山菜について

順次ご紹介しますね。


2012年5月22日

家庭でできる山菜イタリアンレシピを紹介します!!

 (財)魚沼市地域づくり振興公社とNPO法人地域交流センターの企画で作られた山菜レシピを紹介します。

 魚沼の質の良い山菜を多くの人に知ってもらうため、世田谷区のイタリア料理店(ジータ)※外部リンク のシェフから、上条コミュニティ協議会の天然山菜を使ったイタリアンレシピを作ってもらいました。

 おひたしや天ぷらなどの和食としていただくことが多い山菜ですが、手軽にイタリア料理として山菜をいただくことができます。

 それでは早速ご紹介しますネ(^_^)/



☆「山うど」のフラン

(材料)

 山うど、鶏もも肉、コンソメスープ、玉子、塩、浅葱

(作り方)

1.コンソメスープと玉子、塩を混ぜ合わせて裏ごします。

2.耐熱皿に切りわけた「山うど」、鶏もも肉を入れて、1.を流し込み、蒸し器で8分蒸します。

3.上がりにコンソメスープ、浅葱をかけます。


 山うどの香りがほんわか香り、ツルンといただけます(^_^)/



☆「うるい」のスパゲッティ

(材料)

 うるい、にんにく、オリーブオイル、ベーコン、トマトソース、スパゲッティ、パルメザンチーズ、塩、こしょう

(作り方)

1.にんにくをオリーブオイルで軽く炒めベーコンを入れます。

2.ベーコンが炒まったら余分な油を捨て、トマトソースを入れます。

3.スパゲッティが茹で上がったらソースと混ぜ合わせます。

4.火を止めて「うるい」を入れて軽く合わせます。

5.お皿に盛ってパルメザンチーズ、胡椒で仕上げます。


 うるいのシャキシャキした食感とトマトソースのパスタがよく合います♪



☆「ふきのとう」のグラタン

(材料)

 ふきのとう、ハム、ホワイトソース、パルメザンチーズ、溶かしバター

(作り方)

1.耐熱皿に溶かしバターを塗ります。

2.「ふきのとう」、ハムを並べて、ホワイトソース、パルメザンチーズをかけます。

3.200度のオーブンで10分焼きます。


 ホワイトソースとふきのとうは意外な組み合わせですが、とっても合います!



☆「こごめ」のピッツァ



(材料)

 こごめ、ピザ生地、ホールトマト、モッツァレラチーズ、パルメザンチーズ、オレガノ、塩、サラミ

(作り方)

1.ピザ生地に裏ごししたホールトマトを塗ります。

2.「こごめ」、モッツァレラチーズを並べます。

3.パルメザンチーズ、オレガノ、塩をかけます。

4.300度のオーブンで5分焼きます。

5.焼き上がりにサラミを並べます。


 クルンとした形の緑色のこごめがピザにトッピングされ、見た目もとってもかわいいです(*^_^*)



☆「ネマガリダケ」と生ハムの取り合わせ

(材料)

 ネマガリダケ、生ハム、トマト、緑野菜、パルメザンチーズ、オリーブオイル、塩、こしょう

(作り方)

1.「ネマガリダケ」は皮つきのまま塩茹でして皮をむきます。

2.お皿に「ネマガリダケ」、生ハム、トマト、緑野菜を並べます。

3.パルメザンチーズ、塩、こしょう、オリーブオイルで仕上げます。


 ネマガリダケの食感を楽しめる一品です♪



 ぜひみなさんも、ご家庭で作ってみてください(^_^)/ 



うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200