魚沼市の食と観光総合案内サイト

雪を生み出す清流を用いた魚沼が誇る『魚沼産コシヒカリ』の苦労話、

同じ水を使った『地場産野菜』の生育情報などをご紹介します!



常備野菜収穫その1

2011年11月20日 23:52

ずーと雨の日が続いてましたここ魚沼市。

ひと雨ごとに寒さが増してきて いつ雪が降っても良い季節になりました。

そんなある日、お天気の良い晴れの日に恵まれまして

秋野菜の収穫 「長ネギ」を採りました。

写真写りがいまいちですが・・・。

朝9時半ごろの様子です。

どんどん日が短くなってきていますので 朝も気温がなかなか上がらずに

天日干しも良くなるかどうかわかりませんが・・・。

こうして天日干しすることによって、冬の間美味しさを保ち常備野菜として

保存できます。

白い部分が 多くなりました。

これこれ!白い部分を多くなるようにするには、格別なお世話が必要なんですよ!

「さくかけ」という作業を繰り返すんです。

土にある根っこの部分から上に土を盛り上げ、上に伸びようとするねぎさんに

対応していくんです。

どんどん土を盛り上げる「さくかけ」作業がまた

骨の折れる作業なんです。

一日天日干しされました 「長ネギ」束ねてお家へ持って帰ります。

また明日、天日干しをします。


晴れるといいなぁ^^

長ネギの隣にあります。

キャベツもこんなに立派にまかりました。

柔らかくて美味しいです。

美味しそうでしょ!!

この時期は、買い物に行かなくても夕飯が出来てしまうほど

野菜がふんだんに収穫できます。

ありがたいです。



秋ですね。

2011年11月5日 22:14

すっかり秋めいて 山の木々も紅葉に色ついてきました。

空一面の青空です。

寒くもなく、暑くもない丁度良い過ごしやすい陽気になりました。

秋晴れが続く日に、大豆の収穫をしました。


今年は、機械での収穫ではなく手で刈ったものを 脱穀しました。

魚沼市農業公社のスタッフさんから脱穀する機械をお借りしての作業です。

トラクターに装着された脱穀機に 豆の枝を入れていきます。

脱穀されて、殻と枝は吹きあがって出てきます。が・・・


うまく殻が、乾燥していないので大豆が抜け出ていないのがいっぱいでした。

なのでもう少し天日で干して、乾燥させることにして、


大豆が落ちない様にシートを敷いて、

なんとか収穫しました。

今年も 手作り味噌を作れそうです。



さて、

大豆同様 成長を見守ってました。

蕎麦畑はどんなになったでしょうか?





しっかり実をつけてましたよ。

減反を利用しての蕎麦作りですが、収穫まで手が回りませんので

ここは、全て農業公社さんにお任せです。









うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200