魚沼市の食と観光総合案内サイト

雪を生み出す清流を用いた魚沼が誇る『魚沼産コシヒカリ』の苦労話、

同じ水を使った『地場産野菜』の生育情報などをご紹介します!



秋の気配

2011年8月30日 23:28

田植えから約3か月。

秋の気配が感じられるここ魚沼市。

稲も頭を垂らして 収穫時期を今か今かと待ってます。

緑だった稲も次第に黄金色に変化していきます。

日本列島に接近中の台風が来ない事を祈るばかりです。

これは↓もち米の田んぼ。

一番最後に植えたのですが・・・。

一番いい色になってます。ほんと黄金色ですね。

これからまだまだ色が変化していきます。

今年もハゼかけ(はざかけ)にする予定です。


稲の刈り取り後の玄米はそのままですと、水分が多すぎるため、

乾燥機を使って水分調整をした上で市販されている米になります。


これに対して、

乾燥機を使わないで、穂がついたままの状態で稲を天日干しして、

太陽の光・風によってゆっくり自然乾燥させていく方法のことを

ハゼかけ(はざかけ)といっています。

後でまた写真で紹介したいと思います。


そして、

先日種蒔きました 蕎麦畑 成長したカナ?

成長してました。

稲刈りが 終わってからの収穫なので もう少し見守りたいと思います。

少し、雨が降ってくれるといいのですが・・・^^;

そばの花ってキレイなんですよ。

後でまた紹介したいと思います。

お天気が良かったので、

今年完成した 広神ダムを見に行ってきました。

家から車で約3分のところにあります。


水の量がとても少なかったです。

わたしの住む 地域ではこのダムのお陰で、水害にあわずに済みました。

感謝です。


昨年は、稲刈り間際にとても長く雨が降り続き、田植えのような稲刈りに

なりました。

今年は、そうならない事を心から祈っています。

蕎麦の種まき

2011年8月17日 01:02

大きなヒマワリがとってもまぶしい 暑い日が続く魚沼市。


田んぼ稲たちは 穂を出し始めました。


良く見ると 白い花が咲いてます。


成長して稲の高さもぐ~んと伸びて 今年も豊作かしら?

お父さんに今年は 豊作かどうか聞こうかと思ったら こんなとこで・・・

こんなことをしてました。


減反の田んぼに蕎麦(そば)の種を捲いていましたよ^^


まずは 土壌を柔らかくするために一度「耕起」します。


それから手で直播します。

種はこんな↓

「栃木在来系玄ソバ」

蒔き終わったら もう一度 耕起して、

種まき完了です。

成長が楽しみです。

稲刈り頃には 白い花が咲いてきれいですよ!

耕起の合間に 今年のお米の出来栄えは どんなか?

来てみましたら・・・。

台風が来なくて お天気が続けば 確実に大豊作とのことでした。

台風と 大雨が降らないことを 願うばかりです。



そして 大豆の畑を 覗いてみました。

大きくなったでしょ!

豆が付き始めました。


こちらも また収穫が 楽しみな一品です。

美味しいお味噌が 出来るかしらね~^^

穂肥え、草刈り、お花たち

2011年8月7日 21:52

蝉の声も 夕立の度に カナカナゼミの声に・・・。

ここ魚沼市も 毎日暑い残暑の時期になってきました。

 

青空の白い雲。


野菜の収穫も大量です。


田んぼの稲も すくすくと育ち 順調です。

暑い日が続かないと お米の粒が大きくなりませんので、

この時期が 勝負です。

田植えから74日。

これから稲穂が少しずつ顔を出します。

そんななか、

黄色の稲を心配して 穂肥えをしました。



穂肥えもやりすぎると 稲が転びやすくなる(茎が柔らかくなる)ので

稲の伸びを見ながら少しづつ行いました。


それから草刈りを・・・。

暑さとの闘いです。

草を刈らないと カメムシが発生しやすくなりますんで!

これも美味しい純白の銀シャリに育つ大事なお仕事なんです。



ビフォー




アフター




そして かわいらしいお花たちを

「ひまわり」



「なす」のお花



「オクラ」のお花



「きゅうり」のお花



「トマト」のお花



そして へびさんも




「かえる」さんも

水害を乗り越えて 残暑にも負けずにがんばってます。





まだまだ 暑い日が続きそうですが・・・。


今から 収穫が楽しみです。




うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200