魚沼市の食と観光総合案内サイト

雪を生み出す清流を用いた魚沼が誇る『魚沼産コシヒカリ』の苦労話、

同じ水を使った『地場産野菜』の生育情報などをご紹介します!



田植えはじまりました。

2011年5月27日 00:17

5月連休後の2週間は・・・・・・・。



すっかり消えた田んぼの雪。

育苗ハウスでは 順調に苗が育っています。



苗がすくすく育っている間、わたしたちはこんな作業してました。



田んぼの堰(せき)のいざらい(江ざらい)を、



きれいになったでしょ!

きちんときれいな水が来ないと 田植えしても苗が育ちません。


肥し(こやし)まきをしたり、


杉の葉 拾いをしたり・・・・

杉の葉は 田んぼのお水を冷やすので 苗の生育をさまたげますんで。

田打ちの前に拾います。


そして 


畦塗りを。

田んぼの水が漏れない様に 補修します。

昔は 手で人力にて行ってましたが、便利になりましたねぇ^^




三葉が出てきました。


ちなみに三葉とは、3枚目の葉のことです。

葉の数が3枚程度の苗のことを稚苗(ちびょう)と言います。

葉の数が4~5枚程度の苗のことを中苗(ちゅうびょう)と言います。


わたしのうちは 中苗育成(ちゅうびょういくせい)ですので 

もう少し面倒みます。




昨年よりも10日遅い 田打ち(耕起、田起し)が始まりました。

田打ちは 土の塊をほぐします。


田んぼがたくさんありますので わたしの父と、旦那さま2台で行いました。


そして 代かき(しろかき)です。

代かきは 田打ち後水をためて トラクターの後ろを

ドライブハローという土をならす装置に取り換えて 

土がドロドロねっとりするようになめらかな土壌になるように

仕上げます。

田植えをした時に、苗の活着(かっちゃく)が良くなるように念入りに行います。



そして 田植えがはじまりました。




新緑がきれいですね。

後日、田植えの詳しい様子お知らせします。

10日遅れの田植えですが 今年も豊作を願って 家族で頑張って栽培していきます。



順調に育ってます。

2011年5月13日 13:43

種まきして 18日

田んぼも雪が消えましたよ。

山には 新緑がうっすらと彩り始めました。


コシヒカリの苗も、

成長してます!

順調です。

春の陽気は お天気によって 寒かったり 暑かったりと気温の差が大きいので

管理には 気を抜けません。

室温によって ゲージを開けたり 閉めたりしてます。



そして、

春野菜たち・・・

「レタス」

「五月菜」

「アスパラ」「こごみ」「木の芽」「五月菜」

一番右のが木の芽ですが、アケビの芽です。

地方によっては食べないところもあるらしいですが

サッと湯がいて 食べやすい大きさに切って溶き卵にお醤油をかけて頂くと

とても美味しいですよ(*^^)v


暖かくなると自然の恵みを 頂けてうれしいです。





春の味

2011年5月2日 23:44

「種まき」から1週間。

シートをはぐってみると・・・。

白い芽が たくさん出ました。

順調に育っています。


しかし・・・。

田んぼが・・・。

まだ 雪の下・・・(;一_一)

昨年は 雪が消えて田打ちをしていたかな・・・。

5月に入りまだ雪がこんなにあるのは 近年にない豪雪だから。

田植えは 6月上旬ころに?なるのかな?



そして 

今晩の夕飯は

「ふきのとう」と「うど」の天ぷら

まだまだ寒い 魚沼市ですが

春の味 味わえました(*^^)v






うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200