魚沼市の食と観光総合案内サイト

魚沼から行く尾瀬ルート!

新潟県側からの唯一のルートです。

尾瀬の魅力を紹介します。


ただ今、春待ち中のため、ちょこっと尾瀬をご案内(2)

2011年4月3日 14:52
奥只見郷ネイチャーガイド、冬は一体何をしているの?
って、思いませんか?

・・・あ、思わない?
やっぱり、まだまだ宣伝不足のようで・・・(-_-;)

冬のガイドさんは「こんなコト」してます&この景色に出会うまで、
毎日通いたくなる尾瀬の景色をご案内(*^_^*)

冬のガイドさんはというと・・
新潟の冬と言えば? 雪! そして一面雪のフィールド!

ってコトで、スノーシューのガイドをしています。
結構楽しい。 そして、見た目より疲れる・・・(私だけ?)
小学校2、3年生位から参加OKです。
興味のある方は観光協会にご相談ください


そして、冬の間にガイドが取組んでいる事。

救急救命法講習!! 全員参加!の講習会は地元の消防本部の方に「厳しく!優しく」ご指導頂いています。
ガイドはフィールドで救命法を行う事なく、毎回無事にお客様をご案内できるよう、日々準備を進めています。


と、言う事で、出発前の準備運動をバカにしちゃダメですよ。



【この景色に出会うまで毎日通いたくなる?尾瀬の景色】
ほわ~んとするような和みのひと時・・ん?なんか違う?


春・5月下旬から6月上旬、湿地に沿ってゆらゆら並ぶミズバショウ。


夏・7月上旬、お天気の良い日が続けば一面「モッフモフ」のワタスゲの群生! 綿の白、茎の緑、青い空~♪ 思わず歌ってしまいそう



ワタスゲの次は、7月中旬から下旬にかけて、ご存知ニッコウキスゲシーズン突入。 7月中旬、休日の尾瀬はとっても混み合います。
シーズンを問わず、平日のご計画をオススメします。


ニッコウキスゲが終われば、尾瀬もシーズン終わりね・・なんて、思わないでくださいね。 


はい。 草紅葉。
まだまだ美しい景色の尾瀬。水彩画みたいです。 

9月中旬頃。 
この後周囲も紅葉が始まります。

尾瀬沼に映る紅葉の燧ケ岳。

さぁ、どのシーズンに目標設定しますか?
それとも本当に全シーズン制覇しますか?

・・・と今回はここまで。
次回は実際に沼山峠から尾瀬沼までの景色をご案内します。

うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200