魚沼市の食と観光総合案内サイト

市内直売所で出会える

新鮮なモノ・ヒト・コトの情報をお伝えします。



魚沼の新たな特産品登場!~うおぬま百菜花ん~

2015年3月23日 17:07
うおぬま百菜花んから新たな特産品を発売するということでお邪魔してきました。


入口には「ふきのとうみそ」と「うるいキムチ」の文字が!

中に入ると商品が並んでいました。
魚沼の促成栽培のふきのとうを使った「ふきのとうみそ」(420円)と、


こちらも魚沼の促成栽培のうるいを使った「うるいキムチ」(450円)です。

どちらも試食したの感想ですが、「ふきのとうみそ」はふきのとうの苦みを生かした大人味のみそといった感じでした。
「うるいキムチ」は辛すぎず、うるいのシャキシャキとした食感を生かした商品と感じました。
どちらもおすすめですので、皆様も是非お試しください(*^_^*)

その他うるいやたらの芽も販売中です。
魚沼の新たな特産品と、春の食材を求めて百菜花んに行ってみてはいかがでしょうか?
百菜花んの情報はショップナビ「うおぬま百菜花ん」からご覧ください。

雪割草がたくさん並んでました~ものずき村~

2015年3月23日 11:59

3月1日(日)に、今シーズンの営業を始めた「ものずき村」へ行ってきました。


車がたくさん並んでいます。県外ナンバーの車もありました。

まずは、外にならんでいた品物から。


そして、春と言えば、ふきのとう。

魚沼市内でも、雪の消えたところから出てきているそうです。

「手作りこんにゃく」もありました。

店内に入ると、魚沼産コシヒカリ 鳥屋ヶ峰山麓米が。


そして、ものずき村と言えば何と言っても「雪割草」です。

この日も、綺麗な雪割草がたくさん並んでいました♪


29日には、魚沼市 小出郷福祉センターで、雪割草の展示即売会が開かれるそうです。


店内を見ていると「お茶飲んでけて」と声が。

お言葉に甘えて、お茶飲み場へおじゃましました。

村長の奥様の美味しいお料理に、ついつい手がのびます。

お茶を飲みながら、村長の奥様が外のすずめの長屋のことを教えてくれました。

こちらが「すずめのアパート ものずき長屋」です。

春になり、入居者が増えているそうです(^-^)


お茶をいただいた後、「そば処 げんたん」をのぞいてみました。

まだ11時30分前でしたが、中でお待ちのお客様が何人かいらして、厨房は開店準備で忙しくしているところでした。


店内を見たり、お茶を飲んだりしている間に、次々とお客様が店内に入ってきていました。

レジでは「この雪割草はどこに置いたら長持ちしますか?」というお客様の声に酒井助役が答えたり、お茶飲み場では「このお料理はどうやって作るの?」という声に村長の奥様が答えていました。

きっと、こういう人と人とのふれあいが、ものずき村の魅力なんですね。

ぜひ、皆さんもお茶を飲みに足を運んでみてください(^-^)


ものずき村さんの情報はコチラ↓

http://www.welcome-uonuma.com/spot98.html

うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200