魚沼市の食と観光総合案内サイト

魚沼で開催されたイベントの参加リポートを随時紹介します。

これを見て是非魚沼に足を運んでください。

◆参加リポート◆ 小出雪まつり2012 その② 第24回小出国際雪合戦大会

2012年2月13日 18:25

前回レポートした、小出スキーカーニバルに引き続き、

今回は県立響きの森公園内「雪のコロシアム」を会場に開催された

第24回小出国際雪合戦大会の模様をご紹介したいと思います。


国際雪合戦大会も今年で24回目を数え、

今年はどんな熱戦が繰り広げるのかと、毎年楽しみです。


午後のひと時以外、ほぼ雪が降る悪条件でしたが、

選手達の思いが伝わってきます。


今年の参加チーム数は、1チーム5人制。

大人の部163チーム・子どもの部15チームの参加をいただきました。



っと、ここで超簡単に主なルール説明しますね。

競技の内容は相手チームのメンバーに雪玉を当てるということで、

世間一般的な雪合戦方式。

・コートは戦場と呼ばれ、雪玉防護用の雪壁(シェルター)が設置されます。

・1チーム5人編成、チームリーダーは大将と呼ばれ、

 コシキで自分の身を守ることができます。

 その他、山笠、かんじきを着用します。


シンプルな雪合戦の中にこそ、極意があります。戦略が重要です。

他のチームの戦法を見て、戦略を練り直したりと個性も出てきます。



熱戦が繰り広げられ、午前中の予選トーナメント、午後の決勝トーナメントと

進んでいきます。


雪も降り積もり、木々も寒そうです。


コロシアム内には、勝鬨(かちどき)神社が設置され、

必勝祈願が祈られます。



雪を活用し、大すべり台が作られ、そり遊びに子ども達も夢中のご様子!


大人に交じり、こんなに小さいお子さんも大将として参加し、

会場が歓声に包まれていました。



準決勝・決勝時には、大勢の観客が応援する中、行われました。


表彰式は吹きが降りしきる中での開催となりました。

賞を勝ち得たチームには、大きな拍手と豪華な賞品が贈られました。


【大人の部】

 1位 Priceless (魚沼市)

 2位 新潟アルビレックスBC(新潟市)
 3位 ハイテンションプリーズ(東京都)

【子どもの部】
 1位 ホワイトボーイズ(魚沼市)

 2位 石川ビクトリーズA(加茂市)

 3位 青葉U(魚沼市 水落)

【コスチューム写真コンテスト】

 1位 SZPランディ(宮城県)

 2位 湘南台誠意冬将軍(神奈川県)

 3位 (株)おかめツアーズ


大勢の皆さんから参加いただき、

また、全国各地から参加いただきましたこと、

本当にありがとうございました。

是非来年の参加をお待ちしています。


小出国際雪合戦の模様はyoutubeでも確認できます。

是非ご覧ください。

◆参加リポート◆ 小出雪まつり2012 その① スキーカーニバル

2012年2月13日 17:17

小出雪まつり2012が開催されました。

小出雪まつりでは、2月の第2週の土日に毎年開催されています。

 ①スキーカーニバル、雪合戦大会前夜祭交流会

 ②小出国際雪合戦


今回は小出スキー場を会場に開催された

スキーカーニバルの模様をご紹介したいと思います。

ライトアップされた雪の斜面。

今年も、雪は豊富です。

午前中とは打って変わって、雪は降っていませんでしたよ。


火文字で「小出」の文字。


さいの神用のわら。準備万端ですね。


雪中花水祝い同様、結の灯りが灯されました。

到着が遅れたために、かなり小さくなっちゃいましたね。


結構イベントも多いんですよ。

【昼の部】

 スノーフラッグ(雪上旗とりレース)、宝探し、ストラックアウト

【夜の部】

 鏡開き ふるまい酒

 打ち上げ雪上花火

 たいまつ滑降

 さいの神

 福もちまき

若干、予定が遅れたようですが、順次開催されたようです。


打ち上げ花火もあがり、きれいな夜空を彩っていました。



色とりどりのたいまつを持ち、

滑るのは小出スキー場のスキースクールの子ども達。

日頃の練習の成果ですね。



さいの神





するめを食べて、今年は災害が起きないよう祈らせてもらいました。

福もちまきも行なわれ、おもちなどがまかれました。


スキー場からは、天気が良かったので小出の街並みが良く見えました。


各商店街や町内会では、

雪灯篭も一斉に灯り、雪あかりの街並みが印象深かったです。



毎年恒例の小出橋脇の雪壁には

地元商店街のキャラクターが大きく描かれていました。



別会場では、次の日の小出国際雪合戦大会前夜祭として、

戦いの前日交流会が開かれました。

全国各地から決戦のため、参加された皆様がお互いに交流を深めました。

次回は雪合戦の開催風景を少しご紹介したいと思います。

お楽しみに。

◆参加リポート◆ 雪中花水祝い

2012年2月13日 13:07

雪中花水祝いは、江戸時代に書かれた「北越雪譜(鈴木牧之著)」でも

紹介されている奇祭。

子宝、こどもの成長を願って、前年に結婚した新婿に頭から冷水を浴びせます。


2月11日(土・祝)雪中花水祝いが開催されました。

今年は昨年同様の豪雪となりました。


きれいに作られた特設ステージも、新たに積もった雪を更に踏み固めます。


転倒防止用に、わらを敷いて。

入口付近には、ハト飾りがずらり。

ハトが八幡宮のお使いの鳥ということにちなんで縁起物の飾りが並びます。



結の灯りも灯りました。


当日開催された「うまいもの市」では、様々な商品が並びました。

体の中から温まる「キムチ鍋」、地元の特産品である花の販売などもありました。



ハト飾りにちなんだ「特製お焼き」もありました。


かわいいハトですね。

むむっ、あんこたっぷりでかなりの出来・・。


さて、だんだんと暗くなってきました。行列行進が通ります。

この行列は、猿田彦、天鈿女命、山伏、神官、巫女、

裃を着た雑色、総勢約100人が町を行進します。



行列の後、新婿さんたちが担ぐお神輿が続きます。

新婿が、かわるがわるお神輿の上に乗って、「ワッショイ!」。

皆さん、かっこよかったですよ。




さあ、水祝いの儀が行われる八幡宮の特設ステージに

行列行進が到着しました。




会場全体を取り囲むように、ろうそくが灯されて、

なんか幻想的な雰囲気です。




ざぶーん!と新婿に水を浴びせる「水祝いの儀」。

子宝、夫婦和合を願って、新婿が次々とステージに駆け上がり、

水をかけられます。

今年は新婿さん15人が参加しました。


水祝いの儀が終わると、

還暦を迎えた方々や、厄年の方々による祝い餅がまかれ、

最後に花火が打ち上げられました。

今年も無事に堀之内の伝統的な奇祭が終了しました。

残念ながら今年お越しになれなかった方は、

是非、来年は会場に足を運んでください!

雪中花水祝いでは、結の灯りイベントリレーも行われました。

結の灯りのページでは、雪中花水祝いの動画(youtube)もご確認できます。

◎レポート◎ 「吹雪の神湯 昔語りの夜」が開催されました!

2012年2月8日 19:25

神湯温泉倶楽部を会場に、「昔語りの夜」が開催されました。

「吹雪の夜、弥三郎婆さが来るという~」

地域では今も語られている昔話で、お馴染みのこのフレーズです。


例年、こちらでは昔語りが行なわれています。

当日は、タイトル通り本当に吹雪の夜となりました。


雪壁をくり抜いたところにロウソクが灯り、
幻想的な雰囲気となっています。


昨年はウサギ年にちなんで、「うさぎ」がモデルとなっていましたが、

今年は「絆」です。(昨年の写真はこちらで確認できますよ。)


温かそうな♥模様に形作られていまね。



6人の語り部の昔語りも好評で、

会場からは時折笑いが起き、

語り終わりには語り部に大きな拍手が送られました。




 
当日はその名のとおり「吹雪の夜」となり、

火文字制作も苦労しているようでした。

吹雪でなかなかうまくつきません。

無事に着火できたかどうか、昔語りの様子はyoutubeで確認してみてくださいね。

   ↓↓↓


◎レポート◎ 静かな夜、「結の灯り」点火式が開催されました。

2012年1月29日 13:42

結の灯り点火式・コンサートが開催されました。

あいにくの吹雪模様。車載の外気温計は-3℃。
しびれるような寒さでの開催となりました。



早速私を出迎えてくれたのが、こちら。

雪壁に横穴をくり抜いた雪灯篭。


外階段を登るとハート型に形づくられた雪を発見♪

私には、人と人が重なり合う大事さが描かれているように感じられました。


かわいらしいハートも発見♪


点火式会場のメインとなる「結」と描かれた文字の前には、

幻想的に描かれた、白やオレンジの雪柱。



無事に点火式も終わりました。♪


ホワイエでは、ミニコンサートも開催され、

この日は体の芯から冷えましたが、

ほんのり心が温まりました。


これらの様子は

   ↓↓↓

youtubeで確認いただけます。



これから様々なイベントでも点火されていきますので、

ご期待ください。




先頭へ  前へ  4   5   6   7   8   9   10  次へ  最終へ
うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200