魚沼市の食と観光総合案内サイト

魚沼で開催されたイベントの参加リポートを随時紹介します。

これを見て是非魚沼に足を運んでください。

◆参加リポート◆ 皇大市に行ってきました !!

2011年4月28日 18:21

5月1日(日)に堀之内で開催された皇大市に行ってきました。


皇大市は、5月から10月までの第1日曜日に開催されるもので、
皇大神宮の参道で、地元商店さんの美味いものや手作り品の市で
毎回多くの人で賑わいます。



今年度の初回開催は、「うおぬまの美味いもの」と題し、
「開高めし」と「魚沼美雪ます」の試食販売もあり、
あいにくの雨にもかかわらず、大勢の人が来てました。



では、まず「開高めし」。

「開高めし」は作家開高健のリクエストで生まれた山菜焼き飯で、
魚沼名物として、これから売り出そうというチャーハンです。


ということで、早速、試食。


この量では満足できず、ひとつお買い上げ。
「ぜんまい」と」わらび」と「たけのこ」、「干し椎茸」を入れて炒めて
紅しょうがをのせたチャーハン。
山菜の風味がよく出ていて、非常にうまい。



次に「魚沼美雪ます」。
こちらは、ニジマスとイワナの仲間であるアメマス掛け合わせた魚だそうで、
魚沼の特産として期待されるものです。
お刺身とカルパッチョが試食品として提供されました。


味は濃厚だけども、脂はマイルド。といった感じです。


会場には、特設つりぼりも用意され、
釣った魚を炭火焼きにするというサービスもされてました。


試食コーナーも混んできました。

それでは、次に進みます。


次に大神宮参道にあるお寿司屋さん「都寿司」。


皇大市にちなんだ「皇大五目ちらし」も販売されていて、
朝から試食だけで空腹ということもあり、
これもお買い上げ。


さすがにお寿司屋さんのちらし寿司。
文句のつけようがありません。
「うんめーが・・・」のKに今度行ってもらおうか。


こんな感じで、皇大市を楽しみました。


ちなみに、表参道にはこんな道標が。


これは、昔の堀之内地区の小路名を記したもので、
近辺に数箇所建てられいます。


次回の皇大市には、うおぬまの美味いものに加えて、
道標巡りも楽しいかも。

ぜひ、おいでください。

今年もありがとう!

2011年4月3日 20:32

庭の雪もすっかり無くなって

ガーデニングでもしようかな、なんて思うほど

暖かい日です。


4月にもなれば、雪はほとんどないはず。

でも、今年は大雪だったので

家の周りは雪でいっぱいです。

そんな大雪の中、我が家を支えてくれた

冬の三種の神器?を感謝の気持ちを込めて紹介します。


中央の「スコップ」君。

左側の「スノーダンプ」様。

そして、右側の「ハンドラッセル」さん。

雪国の方々には、おなじみですね。


この方々は一生懸命この冬も稼いでくれました。


それでは、彼らの活躍ぶりを

簡単に再現したいと思います。


まずは、スコップ君。

彼は、いたるところで重宝します。

雪を豆腐のように四角に切って



うまく、すくって…、


そして、

投げ飛ばす。

固い雪から柔らかい雪まで

オールラウンドプレイヤーです。


次に、スノーダンプ様。

たくさんの雪を一気にどかします。

足でけりこみ、ダンプを

雪に押し込みます。


そして、すくい上げます。

かなりのバランス感覚と足腰のパワーが必要です。


あとは、運ぶだけ。

根性があれば、どこまでも運んでいけます。


今年も何回も一緒に

家の屋根の上に連れていきました。


最後に、ハンドラッセルさん。

最初は、彼女に実力があるとは、全く思えませんでした。

妻が買ってきた時も、

「これは、使えない。」と思ってました。


しかーし、ごめんなさい。間違ってました。

今では、我が家の稼ぎ頭です。

彼女はアスファルトやコンクリの上で

抜群のパフォーマンスをします。


ただ、押すだけ。


更に押す。


そうすると、

雪がきれいになくなります。


ほんとに今年もありがとう。

君たちのおかげで、家が雪にうずまらなかった。

といっても、過言ではありません。


もう一つ、

忘れちゃいけないのは、


そう、ゴム手袋。

快適に吹雪の中作業できたのも彼のおかげ。


また、来年もよろしくお願いします。

うぇる米魚沼ホーム 感想を送る

Copyright © うぇる米魚沼実行委員会.All Rights Reserved.

うぇる米魚沼実行委員会
事務局 (社)魚沼市観光協会
〒946-0075
新潟県魚沼市吉田1144
TEL:025(792)7300 FAX:025(792)7200